中古車ディーラーでは…。

インターネットの車買取一括査定サービスを使用する時は、競合で入札してくれる所でないと利点が少ないように思います。近場にある複数の業者が、対抗しながら見積もり金額を示してくる、競合入札のところがベストな選択だと思います。一括査定というものは、ショップ同士の競争で査定が出るため、人気の高い車であれば限界一杯の査定価格を提示してきます。それですので、インターネットを使った中古車一括査定サイトで、愛車を一番高く買ってくれるショップを探せるでしょう。中古車ディーラーでは、車買取専門店に立ち向かう為に、書類上のみ下取りの価格を多く偽装して、一皮めくると値引き分を減らしているような数字の虚飾によって、あいまいにしているケースが増殖中です。新しく車を購入希望なら、所有する車を下取り査定に出す場合が多くいらっしゃると思いますが、通常の買取価格の相場の値段が掴めていないと、その査定の価格が正当なのかも不明なままです。新しい車を購入するつもりの業者に下取りして貰えば、ややこしい事務プロセスも不要なので、一般的に下取りというのは専門店での車の買取に比べて、シンプルに買い替えが実現できるのも現実的なところです。いわゆる相場というものは、一日単位で流動していますが、2、3の業者から見積もりをしてもらうことで、相場のアウトラインが分かってくるものです。愛車を売却したいというだけだったら、このくらいの認識があれば十分にうまくやれます。中古車買取相場価格はというものは、あなたの愛車を売る際の参考資料に留めておき、直接売る場合には、相場の値段よりも高額売却できる確率だってあるので簡単に捨て去らないよう、気を配っておきましょう。新車自動車販売店からすると、「下取り」で手に入れた車を売って利益を得ることもできて、その上さらにチェンジする新車も自らのショップで買い求めてくれる訳なので、とても願ったりかなったりの取引だと言えるでしょう。愛車の相場価格を知っておくのは、車を売りたいと思っているのなら絶対的にいります。愛車の見積もり金額の相場というものを知らずにいれば、中古車買取業者の送ってきた査定の価格が妥当なのかも判断できません。次に欲しいと思っている車があるのなら、どんな評判なのかは知っておいた方がいいし、自分の車をなんとか多い額で見積もってもらう為には、どうあっても知る必要のあることです。いわゆる車というものにも「旬」というものがあるのです。このいい瞬間に旬となる車を売るということで、車の値打ちが上乗せされるのですから、賢い選択です。中古車の価値が上がるいい頃合い、というのは春ごろになります。インターネットの一括車査定サービスによって、持っている車の査定価格の相場が流動的になることがあります。相場の価格が移り変わる根拠は、該当サイト毎に、所属の会社が幾分か変わるものだからです。近頃では出張による車の出張買取も、費用がかからない車買取業者も多いため、簡単に査定をお願いして、適切な金額が提示された場合は、そのまま契約することも可能になっています。車査定を行う一流会社なら、個人的な基本情報を厳密に扱ってくれるだろうし、電話はイヤだけど、メールならいい、といった設定にしておけば、その為だけの電子メールアドレスを取って、利用登録してみるのを推奨しています。市場価格やおよその金額別に高額買取できるショップが、見比べる事ができるようなサイトが数多く存在します。自分に合った車買取店を発見しましょう。車買取査定するなら北九州市で中古車を高く売る方法をご紹介します。

インターネットの世界のかんたんネット中古車査定サービスは…。

中古車のおおまかな相場を下調べしておくことは、車の売却希望があるなら必需品です。いわゆる査定金額の相場を知らないままでは、中古車買取ショップの出す見積もり金額が加算されているのか、減算されているのかも判断できません。インターネットの世界のかんたんネット中古車査定サービスは、費用不要で利用できます。それぞれの業者を比較して、ぜひとも一番高値の中古車専門店に、保有している車を買い取ってもらうように交渉していきましょう。中古車の査定額は、車種の人気の高さや、ボディカラーや走行距離、現状レベル以外にも、売る先の買取店や、タイミングや為替相場等の数多くの契機が作用を及ぼしあって判断されています。超高齢社会において、地方在住で車を保有している年配者が多いので、訪問による出張買取は、これから先も進展していくでしょう。自宅にいるだけで中古車査定が実施できるもってこいのサービスです。10年落ちの中古車である事は、査定の金額を目立って下げさせる一因であるという事は、否めないでしょう。なかんずく新車の場合でも、さほど高価でない車においては明らかな事実です。もっぱらの中古車買取ショップでは、自宅への出張買取サービスも実施可能です。店舗までわざわざ行く手間がなくてよいし、とても効率的です。自宅に来られる事に抵抗ある場合は、論ずるまでもなく、自ら足を運ぶというのも可能になっています。詰まるところ、下取りというのは、新車を買い入れる時に、新車販売業者に現時点で自分が持っている中古車を譲り渡して、次なる新車の額から所有する中古車の値段の分を、引いてもらうことを指します。よくある、車の下取りというのは、新車を買い入れる時に、新車ディーラーにいま手持ちの車を譲渡して、新しく購入する車の購入価格からその車の価値分だけ、値下げしてもらうことを意味する。中古車を下取りに出すと、このほかの中古車買取業者でもっと高い査定金額が提示されても、当の査定価格ほど下取りの予定額を上乗せしてくれるような場合は、大抵は考えられないでしょう。中古車を買取に出す際の見積もり金額には、ガソリン車に比べて高級ハイブリッド車や、環境に優しいエコカーの方が評価額が高いなど、現在の流行りが関係してくるものです。車検が切れたままの車でも、車検証を整えて臨席すべきです。余談ながら申しますとふつうは出張買取査定は、費用も無料です。売らない時でも、利用料を催促されるといったことは滅多にありません。中古車買取というものはその業者毎に、得意分野があるので、注意深く検証を行わないと、不利になるケースもあるかもしれません。是が非でも複数の専門業者で、対比してみるべきです。一般的に中古車の価格というのは、その車種に人気があるかや、ボディ色や運転距離、現況ランクの他に、売却先の会社や、売れ行きのいい時期や為替相場などの多くの因子が影響を与えることで取りきめられます。この頃ではネットの中古車査定サイト等で、すぐにでも手軽に査定金額の比較というものが依頼できます。一括査定すれば、あなたのうちの車がいかほどで売れるのか実感できるようになると思います。車の一括査定をする中古車ショップは、どの辺にしたらいいのか?といった意味の事を尋ねられるものですが、探索する必要はないのです。WEB上で、「車 一括査定」と検索をかけるのみです。

中古車買取相場というものは…。

中古自動車でも新車でもどっちを買う際にも、印鑑証明書は別にして多くの書面は、下取り予定の車、新しい車の双方同時に業者自身で取り揃えてくれると思います。事実上古すぎて廃車しかないような時でも、ネットの中古車一括査定サービスをうまく利用していけば、値段の大小は生じるでしょうが、仮に買い取ってくれるのならば、最良の方法でしょう。社会が高齢化していくのにつれて、田舎では特に自動車が必須の年配の方が多くいるので、自宅へ訪問してくれる出張買取は、これから先も広まっていくでしょう。自分の部屋で待ちながら中古車査定が完了するというもってこいのサービスです。中古車査定業の有名な会社だったら、プライベートな情報を尊重してくれるだろうし、メールでだけ連絡する、という設定もOKだし、取引用に新しくアドレスを取って、利用登録してみるのをまずはお薦めしています。いまどきは出張による中古車査定も、無料サービスになっている買取業者が大部分のため、容易に出張査定をお願いして、妥当な金額が見せられた時には、即座に契約を結ぶことも可能になっています。ふつう、車買取とは各店によって、得意分野、不得意分野があるので注意深く検証を行わないと、損を被ってしまう確率があります。必須で複数ショップで、照らし合わせて考えましょう。大半の中古車買取業者の店では、自宅へ出向いての出張買取も行っています。業者の店まで車を持ち込む手間がいらないし、機能的なやり方です。自宅に来てもらう事に抵抗がある場合は、当然ながら、自分で足を運ぶことも叶います。中古車買取相場というものは、あくまでも大まかな数字でしかないことを理解しておき、資料として覚えておく程度にして、直接車の売却に臨む場合には、相場よりももっと多めの値段で商談することをトライしてみましょう。輸入車などをもっと高く売りたいのならば、幾つものネットの車買取査定サービスと、輸入車専門ショップの査定サイトを二つともに使用しながら、最も高い金額の査定を付けてくれるショップを探しだすのが大事なのです。ポピュラーなインターネットを利用した中古車買取のオンライン査定サイトであれば、タイアップしている中古車ディーラーは、徹底的な審査を経過して、登録を許可された専門業者なので、折り紙つきであり安心できます。いわゆる車買取の査定サイトというものは、料金無料で、不服なら必須で、売却する必要はありません。相場金額は掴んでおくことで、優位に立ってトレードができるはずです。世間では、車の下取りというと他の中古車ディーラーとの比較検討はあまりできないため、仮に査定額が他より低かったとしても、自ら査定金額を自覚していなければ、そのことに気づく事も困難なのです。まず始めに、車買取のオンライン一括査定サイトを利用してみるといいかもしれません。幾つかのお店で査定してもらっている内に、要件に当てはまる下取りの店が出てきます。自分の時間を割かなければ満足いく結果は得られません。出張での査定と、持ち込みによる査定がありますが、複数以上の中古車ディーラーで査定を提示してもらい、最高条件で売りたいケースでは、実のところ持ち込み査定よりも、出張買取にした方がお得なのです。中古車一括査定は、WEB上で在宅のまま申し込むことができ、メールの応答のみで査定の価格を教えてもらうことができます。そんな訳で、店舗に時間を割いて出かけて査定を貰う場合のような面倒事も省略可能なのです。

過半数の中古車査定ショップでは…。

中古車ディーラーによって買取促進中の車のモデルなどが違っているので、できるだけたくさんのインターネットの車買取サイトを使った方が、思ったより高い査定が提出される展望が増えると思います。中古車一括査定サービスを利用すれば、買取査定の価格の金額のギャップがすぐ分かるから、標準価格が理解できるし、どの店に売れば有利かという事も見ればすぐ分かるから重宝します。出張による査定の場合は、休憩時間に自宅や職場などで十分時間を割いて、ディーラーと渡り合う事もできます。ケースバイケースで、希望するだけの買取額を受諾してくれる所だってきっとあると思います。中古車査定を申し込んだからといって必然的にそこに売却しなければならない要件はないですし、少しの時間で、自家用車の買取価格の相場を知る事が難しくないので、かなり面白いと思います。中古車買取店が、独立して自社で作っている車買取査定のサイトを外して、通常ポピュラーな、ネットの中古車査定サイトを役立てるようにするのがベストです。過半数の中古車査定ショップでは、出張買取査定というものも出来る筈です。店舗までわざわざ行く手間がなくてよいし、便利な方法です。自宅に来てもらう事に抵抗がある場合は、無論、自分で店まで車を持ち込むのも可能になっています。ネットの中古車買取一括査定サイトを利用したいのなら、競争入札にしなければあまりメリットを感じません。多数の業者が、しのぎを削って見積もりを提示してくる、「競争入札」方式がGOODです。車買取相場価格は、急な場合で7日もあれば遷移するので、苦労して買取相場額を知っていても、具体的に売ろうとする際に、思い込んでいた買取価格と違ってた、というお客さんがしばしばいます。最もよいのが中古車一括査定を利用して、ネット上でのやり取りだけで終了させてしまうというのが短時間で済み、良いと思います。将来的にはあなたの車の下取りをするより先に、中古車買取の一括査定を使って抜け目なく車の買い替えを行いましょう。手持ちの中古車の買取価格などは、一ヶ月経ってしまえば数万は低くなるとよく聞きます。決断したら即売する、というのが高く売れる絶好の機会だと考えるべきです。業者によって買取のテコ入れ中の車種が相違するので、なるべく多くのインターネットの一括査定サイトを活用することによって、高めの査定額が貰える確実性が上昇します。新車を販売する店舗では、車買取店への対抗策として、見積書の上では査定額を高めに見せておいて、一皮めくると値引き分を減らしているような数字上の虚構で、一見分からなくするケースが増えていると聞きます。最近増えている、無料出張買取査定というものは、車検切れのあまり乗っていない車を見積もりに来てほしいようなケースにもちょうどいいと思います。あまり遠出できない人にも非常に便利なものです。高みの見物で見積もりをしてもらうことが可能でもあります。手近な車買取店に適当に決定してしまわず、たくさんの業者に査定を申し込んでみましょう。それぞれの業者がつばぜり合いすることで、愛車の下取りに要する価格を競り上げてくれることでしょう。車の下取りや車に関係した掲示板に集束している噂情報なども、インターネットを利用して車買取ショップをサーチするのに、非常に有意義な第一歩になるでしょう。

かなりの数の中古車買取業者による…。

総じて、中古車買取というものは個別の買取業者毎に、得意分野、不得意分野があるので手堅く突き合わせてみなければ、不利益を被る不安も出てきます。是が非でも複数の会社で、照らし合わせて考えましょう。中古車を売ろうとしている人は大概、手持ちの車を少しでも高額で売却したいと希望していると思います。にも関わらず、大抵の人達は、相場の値段より更に低い値段で車を買取されているというのが現実的な問題です。愛車のおよその相場というものを意識することは、車を売りたい時には第一条件になります。車の見積もり額の市場価格を把握していないままでは、中古車買取業者の申し出た見積もり額が適切な金額なのかも見分けられません。車が壊れたりして、査定に出すタイミングをふるいにかけていられない場合を差し引いて、高めに売却できそうな頃合いを選んで査定に出して、堅実に高めの査定の金額を示されるようしていきましょう。お手持ちの車が幾らであっても欲しいといった中古車販売業者がいれば、相場価格以上の値段が出されることもあり得る為、競争入札を使った無料の中古車一括査定を活用することは、かなり大事な条件ではないでしょうか。中古車の出張買取査定を実施しているのはおよそのところ、10時から20時の間の中古車ショップが圧倒的に多いです。1台の査定する度に、1時間前後いるでしょう。車買取の一括査定サービスを登録する際には、なるたけ高い見積もりで買い取ってもらいたいと誰しも思います。もちろん、楽しいエピソードが凝縮した愛車であれば、その意志は高くなると思います。愛車の調子が悪くて、買取のタイミングをふるいにかけていられない場合を除外して、高めに売却できそうな時期を見計らって査定に出して、堅実に高い金額を見せてもらうようにご忠告しておきましょう。現代においては、WEBの中古車一括査定サービスを使えば、店まで出向くことなく、楽に複数以上の買取業者からの見積もりが貰えます。中古車のことは、よく知らないという女性でもできるでしょう。自動車のことをあまり分からない人であっても、初老世代でも、巧みにご自宅の車を高く売ると聞きます。密かにネットの車買取一括査定サービスを駆使できたかどうかというギャップがあるのみです。かなりの数の中古車買取業者による、中古車の査定価格を一度に取ることができます。すぐさま売らなくても遠慮はいりません。ご自宅の車が現在いくらぐらいの値段で買ってもらえるか、把握する絶好の機会だと思います。ご自宅の車の年式がずいぶん古いとか、買ってからの運転距離が10万キロを軽くオーバーしている為に、お金は出せないと表現されるような車だとしても、めげずにいったん、車買取オンライン査定サービスを、使ってみましょう。中古の車や色々な自動車関連の情報収集サイトに集合している評判なども、オンライン上で車買取店を見出す為に、有用な第一歩になるでしょう。最近よく見かける一括査定を無知でいたために、10万もマイナスだった、という人も見聞します。車種や車の瑕疵状態、走行距離なども影響を及ぼしますが、とりあえず幾つかのショップから、査定の金額を見積もって貰う事が大事です。一括査定依頼をした場合でも必須条件としてそこに売却しなければならない要件はないものですし、ほんのちょっとの時間で、持っている車の買取価格相場というものを知ることが容易なので、大変面白いと思います。

自動車保険

車を運転する人なら誰もが加入する事になるであろう,自動車保険。

自動車保険は,1998年の保険の自由化以降に劇的に変わったのです。

それまでは,自動車保険は,どこの会社でも,条件が同じであれば保険料は同じでした。

そのため,自動車保険の満期が来たら,ほぼ同じ会社での更新となっていました。

しかし,自由化によって同じ条件であっても,会社によって自動車保険の保険料や保障が全然
違う今は,賢く自動車保険の見積をして,各社の自動車保険を比較することがとても大事なの
です。

自動車保険の見積は,今やインターネットで簡単に行うことができます。

自動車保険の見積をするときに,必要なものは免許証,そして車検証,今現在加入している自動車保険の保険証券です。

自動車保険の保険は,車の車種や年式,走行距離によっても変わってくることとなります。

また,自動車保険という保険には色々な割引きがあります。

安全装置がついているかついていないかによる割引きなどです。例えばABSが搭載されている車は5%の割引きで,エアバッグが装備されている車は10%の割引きになったりするわけです。

このように,様々な車のスペックによって,自動車保険の保険料や補償額は変わってくることとなります。

自動車保険に限らず,保険というものは,沢山の商品が日々登場しているので,どの商品を選べば良いのか,どの会社を選べば良いのかなどがわからなくなりがちです。

そこで,自動車保険に加入しようとしている時は,自動車保険の様々な会社の商品の比較が重要となってきます。

自動車保険を比較することによって,自動車保険の保険料は確実に安くなってきます。

最近では,自動車保険の比較はインターネットを使う事によって簡単に行う事ができます。

車検証などを目の前に置いて,簡単な入力をするだけで自動車保険の比較を行う事もできます。

自動車保険の比較のポイントは,自動車保険の保険料の違いや,各種の割引制度はもちろん,保障の保障内容(基本保障や特約,車両保険についてなど)をしっかりと見ることです。

また,自動車保険では,事故にあった場合などのサービスやフォロー,無料ロードサービスがついているのかなども重要となってきます。

自動車保険の比較をする時には,これだけは譲れないという保障の優先順位を決めましょう。

また,比較的安い保険会社も存在しますので,安い保険会社を選べば自動車保険の保険料も安くなるということになります。

もちもんバイク保険も。


住所や名前が変わったとき

裏側に手書きで訂正される

運転免許証には、名前、本籍、住所、生年月日、所持免許など、その人を証明するようなさまざまなデータが記載されています。

これらのデータは記載事項と呼ばれ、たとえば引っ越しや結婚などで住所や名前が変わったときは、できるだけ早く運転免許試験場か、住所地を管轄する警察署に行って「記載事項の変更届」をしなければなりません。

記載事項に関する変更届は、更新する時などの手続きと違い、免許証をあらたに交付することはありません。

免許証の裏側に変更後の住所地や名前などが手書きで記載されることになります。

そして、次の更新のときには、変更後の内容が表面に記載されます。

 

記載事項の変更手続きに必要なもの

免許証の記載事項に変更がある場合の手続きに必要なものは下記のとおり。

①    記載事項変更届

②    本籍・氏名を変更する場合は、免許証と本籍が記載された住民票

③    住所を変更する場合は、免許証と新しい住所が記載されている住民票、または保険証・消印のついたハガキなど

④    手数料・・・・・・・・無料

ただし、他の都道府県から住所を変更する場合は、上記のほかに写真(3cm・横2、4cm)が必要です。

運転免許をなくした、破損した

すみやかに再交付申請をすること

運転免許証を紛失してしまった、または破損してしまったなどという場合(ただし、有効期間内のものに限る)は、運転免許試験場に行って再交付の手続きをすることができます。

免許証がないまま運転すると、運転免許証不携帯の違反になりますので、必ず再交付の申請をしてください。

 

再交付すると免許証番号が変わる

免許証は再交付すると、その回数に応じて免許証番号が変わります。

免許証番号とは、免許証の個人の情報を登録してあるもので、全12桁のうち通常は末尾の1桁が「0」になっています。

しかし、再交付を1,2,3・・・・・と申請するにつれて、末尾の番号は「1,2,3・・・・」と変わっていきます。

 

再交付の手続きに必要なもの

運転免許証を再交付する際に必要なものは、次のとおりです。

①    運転免許申請書(再交付)

②    住民業や保険証など、身分を確認できるもの

③    写真(縦3センチ・横2、4cm)

④    手数料・・・・・・・・・・3,350円

申請は、原則として免許を受けていた公安委員会の運転免許試験場に行って申請をします。

しかし、他の都道府県から住所地を換えて再交付を受ける場合は、申請はできますが、交付されるまでにしばらく(2週間程度)時間がかかります。

なお、住所に変更がある場合は、新住所を証明する書類が必要です。

新しい住所の記載されている住民票であれば間違いありませんが、その他にも保険証や消印のついたハガキなどでも確認できます。

しかし、本籍や名前に変更がある場合は、本籍の記載されている住民票が必要です。

免許証が失効した時

失効した場合は、無免許と同じ

運転免許証の更新期間中に更新(書き替え)を受けなかった場合、その免許は効力を失ってしまいます。

したがって、失効した免許を持っていても、免許証を持っていないのと同じです。

もしそのまま自動車などを運転した場合には、無免許運転となってしまいます。

更新(書き替え)の手続きをしなかった理由は、それぞれあるかと思いますが、いわゆる「うっかり失効」に該当する人(失効した日から6ヶ月以内)であれば、過去の免許を復活されることができます。

ただし、その場合は次のような条件があります。

免許が失効したとき

運転免許を失効した後で、再び免許を取得するためには、改めて免許試験を受けなければなりません。

しかし、次のような場合には、免許試験の一部が免除されます。

①   免許が失効した日から起算して6ヶ月以内の場合(うっかり失効)

技能試験と学科試験が免除され、適性試験に合格すれば新しい免許証の交付が受けられます。

②   病気や海外旅行などでやむを得ない理由により、6ヶ月以上経過した場合

その理由が無くなった日から1カ月以内に、その理由を証明する書類を添えて申請すれば、技能試験を学科試験が免除されます。

ただし、その場合でも、有効期間が満了した日から3年を経過した場合は、技能試験のみが免除になります。

 

うっかり失効の手続きに必要なもの

①    本籍の記載された住民票

②    写真(縦3cm・横2,4cm)

③    失効した免許証

④    申請手数料(下記のとおり)

講習手数料

優良等講習・・・・・・・・・・・・・700円

一般講習・・・・・・・・・・・・・・1700円

高齢者講習・・・・・・・・・・・・6300円

申請手数料

(失効前の免許の種類によって異なる)

原付免許のみ・・・・・・・・・・・3,800円

普通免許のみ・・・・・・・・・・・3,800円

普通免許と二輪免許・・・・・・6,050円

 

【PR】格安夜行バスの予約/東京ディズニーランドパスポート付き

海外で自動車の運転がしたい

外国で運転する3つの方法

日本人が外国で車を運転するには、下記の3つの方法があります。

①    日本で国外運転免許証(国際運転免許証とも呼ばれています)を取得する方法

②    日本の運転免許証を外国に持っていき、現地で手続きをして、その国の免許に切り替える方法

③    外国で運転免許試験を受けて、その国の免許を取得する方法

 

このうち、①の日本で国際免許を取得する方法が最も一般的です。

2は言葉の違いなどがあり、あまりおすすめできません。

3については、その国によって滞在期間が設けられており、アメリカなどは1年以上滞在していないと免許を取得することはできません。

ここでは、もっとも一般的な「日本で国外運転免許証を取得する方法」について説明しましょう。

 

国外運転免許証を取得する

外国に行って車を運転する時は、日本であらかじめ国外運転免許証の発行を申請します。

国外運転免許証は、どこの国でも使えるというわけではなく「道路交通に関する条約(ジュネーブ条約)」に加盟している国に限り、使える免許証です。

条約加盟国や国の取り決めは変わることがありますので、運転免許試験場や日本にある各国大使館などで確認する必要があります。

 

国外運転免許証で運転できる国

①   アジア

インド、大韓民国、カンボジア、シンガポール、スリランカ、タイ、バングラディシュ、フィリピン、マレーシア、ラオス

②   中近東

イスラエル、キプロス、シリア、トルコ、ヨルダン、レバノン

③   大洋州

オーストラリア、ニュージーランド、フィジー、パプアニューギニア

④   アフリカ

アルジェリア、ウガンダ、エジプト、ガーナ、コンゴ、コートジボアール、ザイール、シエラレオネ、セネガル、中央アフリカ、チュニジア、トーゴ、ナミビア、ニジェール、ベナン、ボツワナ、マダガスカル、マラウイ、マリ、南アフリカ、モロッコ、ルワンダ、レソト

⑤   ヨーロッパ

アイルランド、アイスランド、アルバニア、イタリア、オーストリア、オランダ、ギリシャ、キルギス、グルジア、イギリス、サンマリノ、スウェーデン、スペイン、スロバキア、ロシア、チェコ、デンマーク、ノルウェー、バチカン、ハンガリー、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、モナコ、ユーゴスラビア、ルクセンブルグ、ルーマニア

⑥   北・中・南アメリカ

アメリカ、カナダ、キューバ、グアテマラ、ジャマイカ、ドミニカ、トリニダード、トバコ、ハイチ、アルゼンチン、エクアドル、チリ、パラグアイ、バルバドス、ベネズエラ、ペルー