運転免許試験場で受験する

初めて免許を取得する場合は、自分の住所地を管轄する公安委員会の運転免許試験場に行って受験の申請をしなければなりません。

 

 

試験場によっては、申請する日時が指定されている場合がありますので、あらかじめ確認しておくことをお勧めします。

 

 

 

事前に用意が必要な書類等

 

 

まず、本人の本籍の入った住民票を一通用意します。

 

 

運転免許証は、身分証明書にも代わるものなので、住所や生年月日を厳格に証明するものが必要なためです。

 

 

住民票は、自分の住所地を管轄する役所で取り寄せます。

 

 

次に、申請書に貼る写真が必要です。

 

 

写真は撮影から6ヶ月以内のもので、縦3cm・横2,4cm、胸から上、無帽無背景のものでなければなりません。

(カラー、モノクロどちらでも可)。

 

 

証明写真が簡単に撮れるスピード写真を多く見かけますので、これを利用するとよいでしょう。

 

 

証明写真が撮れる試験場もありますが、ない場合を考えてあらかじめ用意しておいた方が賢明です。

 

 

運転免許申請書は、試験場の受付窓口で貰うことができます。

 

 

各都道府県によって多少の違いがあるようですが、基本的には氏名や住所などを楷書ではっきりと記入し、住民票に記載してあるとおりに記入すれば問題ありません。

 

 

なお、受験に必要な申請料金は、受けようとする免許によって異なります。

 

 

免許を受けようとする金額の収入印紙を売店で購入し、この申請書の裏面に貼りつけます。

 

車を売るなら|納得価格で売却するためのコツ 

もご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>